FC2ブログ

かみやなぎあきらの官能小説もどき

フルタイムで働きながら官能小説家としてデビューも狙っているかみやなぎです。ひとまずの目標は毎日更新です。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

「ボトル」①

天気のいい日曜の午後。わたしはドラッグストアに『夜のお供』を探しにいった。

バッグの中には昨日までの『夜のお供』が入っている。底が丸または楕円形。太さは直径3センチ前後、高さは10~13センチの容器だ。
容器の種類は色々。化粧水だったり、制汗剤、日焼け止めだったり。中身は使うこともあるが基本必要なのは容器だけ。
夜(昼の時もあるけど)どうしてもアソコが求めているときに『夜のお供』は出動する。アソコ福の空虚感を満たすために。指を使う時もあるけど奥まで届かないし、爪でひっかきそうで怖い。かといってバイブを買うのは勇気がいる

前の彼氏は独りよがりのセックスで全然良くなかった。
話し合い2人で感じあおうと努力する愛情が不足していたのかもしれない。だから自分の欲望は自分で処理するようになってしまった。おかげでどこをどのように触れば濡れてくるか、アソコが良く締まるかわかっている。自分で自分の開発してしまったのだ。

今までの夜のお供もよかったけどちょっとマンネリになってきたので今度は違う形のモノを試してみたい。相手が人間の男だったらこんな理由で取り替えることはできない。

今日行くドラッグストアは先月オープンしたばかりのお店だ。この地域には初出店のチェーンだからきっと今までにない品揃えのはず。わたしのアソコにピッタリのモノがあるにちがいない。期待に胸もアソコも膨らまし店内に入ろうとしたら…


「あっ、秋山さん!?」

店の出入り口横の駐輪場でタバコを吸っている男がわたしの名前を叫んだ。

「田辺くん!?」

高校で同級生だった田辺くんだった。

「あ~やっぱり秋山さんだ。久しぶり~」

高校3年生の時の同級生だ。




小説(官能小説) ブログランキングへ

官能小説ランキングに参加しています。よろしくお願いします。

スポンサーサイト
[PR]

[PR]

PageTop

「ボトル」②

「田辺くん、びっくりした。同窓会以来だから2年ぶりかな? えっ、この辺にすんでるの?」

「ああ、俺、この店の店長。先月オープンしてこっちで独り暮らし。実家からは通うのはしんどくて社宅扱いで近くの部屋借りてるんだ。」

田辺くんはクラスでは地味でオッサンぽかったのに2年ぶりにあうといい感じに大人の男の人になっていた。

「店長か、すごいね~。仕事大変?」

20代で一つの店の責任者だなんて素直にすごいなーって思った。

「いや~ドラッグの店長なんて体力勝負なとこあるからみんな若いよ。今日は買い物に来てくれたの?」

「うん、ちょっと…」

「そっか、ありがとうございます(笑)仕事じゃなかったらこれから昼飯でも一緒にって誘うんだけど、これから客の家にお詫びにいかないといけないんだ。また来てよ、俺、月曜と木曜以外なら店にいるから」


そういって田辺くんは車で行ってしまった。

男の人って仕事をするとかわるんだなあ。でも田辺くんが店内にいなくて良かった。周りからは化粧品を選んでいるように見えるけど、実際は違うのだから。サイズとデザインが重要。選ぶ時の参考にするために旧『夜のお供』がバッグに入っている。わたしは新しい出会いを期待して店内に入った…


が、わたしはドラッグストアから出ることができなかった。万引き容疑で拘束されたのだ。



「お客様、ちょっとよろしいですか?」




小説(官能小説) ブログランキングへ

官能小説ランキングに参加しています。よろしくお願いします。

PageTop

「ボトル」③

店から出ようとしたわたしに白衣姿の40代くらいの女が声をかけた。
「私、ですか?」

「何かお忘れではないですか?ここではなんですから、事務所まで一緒にきてください。」
女はそういうとわたしに顔を近づけ、耳元で囁いた。
「化粧品、とったとこ見たのよ。逃げたら警察に通報するわよ」

その時、わたしは自分が万引きをしたと疑われているのだとわかった。どうしよう…でも、何もとっていないので逃げる理由はない。しかし、バッグの中はみられたくない。
考えている途中で白衣女はわたしの腕を掴み、店の中へ連れて行った。店内ではお客や他の従業員が女とわたしを見ている。万引きなんかしていないのにわたしはつい俯き足元だけを見て歩いていった。

「さ、盗ったモノをだして」
事務所は長机とパイプ椅子だけがある殺風景な部屋だった。わたしは奥の椅子に座らされた。

「わたし、何も盗っていません。あなたの見間違いです!」わたしはバッグをぎゅっと抱きしめながら言った。盗ってなんかいない。私は探していただけだ。バッグの中にはその見本となるモノがはいっているだけなのだが…
「…認めないのね。仕方ない、バッグの中のもの全部だしてちょうだい」
わたしは恥ずかしさのあまり自分でも顔が赤くなるのを感じた。なかなかださないので、女がバッグを取り上げ、中身を出していった。
「財布、携帯、カードケース…名前は秋山由美…」
その時、女の後ろのドアが開いて男が入ってきた。
「林さ~ん、ごめん、遅くなって~。あれ、秋山さんどうしたの?」
田辺くんが入ってきた!机の上のモノをじっと見つめている。わたしは恥ずかしくなって泣きそうになった。

「店長の知り合いですか?万引きで引っ張ってきました。今盗んだ物を確認しています」


長机の上にはわたしのバッグの中身がすべて出されていた。財布、携帯、カードケース、化粧品の入ったポーチ、生理用品の入ったポーチ。恥ずかしいことにどちらのポーチも中身をチェックされていた!そして、大小さまざまなサイズのボトル…。もちろん、これらはわたしが家から持ってきたものだ。中身はすべて空。きっとこの空ボトルをバッグからだしたときに盗ったと見間違えたのだろう。

田辺くんが確認をして
「店の商品はないようですね・・・」と言った。





小説(官能小説) ブログランキングへ

官能小説ランキングに参加しています。よろしくお願いします。

PageTop

「ボトル」④

「えっ?私、確かにこの子がバックに商品を入れるのを見たんです!」
わたしを連れてきた女が叫んだ。ネームプレートには「薬剤師 林洋子」と書かれていた。

「林先生、これ、みんな空ですよ。家から持ってきたものじゃないですか?ね、秋山さん、そうでしょう?」
 田辺君が私が昨日使った化粧水のボトルを触って確認しながらわたしに聞いた。それはボトルの中でも1番のお気に入りで、長さも太さも申し分ないものだった。それを田辺君が触って・・・

 ? 田辺君って、意外に指、綺麗なんだな。
 万引き容疑でつれて来られたのに、わたしのあそこはその指を想像してヒクッとした。

 「?秋山さん?」

 「・・・あ、あ! そうです。家から持ってきました。同じ化粧水が欲しくて・・・」

 本当は化粧水ではなく、容器だけ欲しかったのだが・・・

  それを聞いた林先生があせったようにつぶやいた。

 「あ・・・私、まちがえました・・・?」

 事務所につれていかれてからおよそ20分後、わたしは解放してもらえた。林さん(あの中年女!)が見間違いしたと認めたのでわたしは無罪放免となったのだ。ったく、いい迷惑だ。しかし、同級生の田辺くんの勤め先だし、紛らわしいことしていたわたしもきっと(?)悪いのだろう。結局、新しい夜のお供とは出会えなかったし、散々な休日だわ…

「秋山さ~ん、待って~!」
後ろを振り返ると店長田辺くんが紙袋を抱えて走ってきた。
「…ハア、ハア、…あ、あきやまさん、ハア、歩く…の…は、速い…」
店長田辺くんは肩で息をしている。片手を膝において、もう片手で店のロゴがかいている紙袋を持っている。
「今日はほんっとにごめん!ほんっとに申し訳ない!これ、お詫びの品といってはなんだけど、受け取って下さい!」
田辺くんは深々と頭を下げた。道行く人達が私たちをじろじろ見ている。ヤバい…かなり目立っている。
「いや、もういいよ~田辺くん、私も紛らわしいことしてたんだし、盗ってないってわかってもらえたし…」
私は必死になって田辺くんをなだめた。早くこの場を立ち去りたい(泣)
「…本当?許してくれる?」
頷くわたし。許す、許すから早くこの場を立ち去りたい(泣)
「あっ…じゃあこれ受け取って下さい。店の商品で悪いんだけど…」
ずっしりと重い袋を受け取った。家に着くまでに底が抜けるのではないだろうか。礼を言って帰ろうとすると

「あ、秋山さん、もし良かったら今回のお詫びとして、食事でもどうかな。本当はここで土下座しなくちゃいけないくらいマジヤバいことしちゃったし…もちろん俺全部おごるし…」
ここでわたしがお誘いを断るとマジ土下座されそうだったので、明日の夜に約束してやっと本当に解放された。店長田辺くんは安心したようだった。

その日、紙袋をあけて中身をみた。有名メーカーの栄養ドリンクや化粧品のサンプルなどがはいっていた。
その中で一つわたしの下腹部をキュンとさせるモノがあった。女性向けのコラーゲン入り美容飲料だ。
長さは短いが太さはバッチリだ。女性のウエストのように瓶の中ほどでキュッと細くなり、下にいくにしたがってまた膨らみ、底で少し細くなる。底と側面の境目は角がまるくなり、わたしの中を傷つける恐れはない。

ああ、今日は夜のお供に出会えなく、万引きの疑いまでかけられ、なんてついていない日だと思ったけど、こんな形で理想のボトルに逢えるとは!店長田辺くんに感謝しなければ。


わたしは中身のコラーゲン入り美容飲料を飲み干し、ボトルを丁寧に洗った。
独りで欲求を満たすとき、自分が今までで一番感じたセックスを思い出す。けれど今日は田辺くんの顔が浮かんできた。ボトルを握る綺麗な指も・・・
わたしは下着の上から敏感なところを優しくこする…アソコの中が少しだけ緊張する。妄想が暴走しそう…



小説(官能小説) ブログランキングへ

官能小説ランキングに参加しています。よろしくお願いします。

PageTop

「ボトル」⑤

田辺くんが盗んだ物をだせと迫ってくる、場所はお店の事務所、バッグの中も全部だしたのに、まだ隠しているだろうって、
わたし、事務所の隅においやられちゃって、そしたら田辺くんいきなりスカートの中に手をいれて、「こんなところに隠してた…」乱暴にアソコに指を突っ込んであのボトルを引っこ抜いた。「…ああっ、」
ここまで妄想するともう右手の中指がはいっている。中はヌルヌルでぐしょぐしょ。中指でかき混ぜらがら左手で乳首がキュッとつまむの。するとアソコの奥がキュンと締まって中指を奥に吸い込もうとする。

「…(ぁあん)」
指を抜くと中からヌルヌルもでてくる。
「そんなにコレが欲しいの?」田辺くんはヌラヌラに光っているボトルを見せながら言う。わたしの匂いがした。「じゃもう一度隠そうか」
充分に濡れていたわたしのアソコは抵抗も無くボトルを受け入れた。奥まで届いた。
「んんっ…ぁああ」
ここで激しく動かすと一瞬でいってしまうのでガマンする。ボトルを右手で押さえたまま、アソコを締めたり緩めたりする。ボトルを押さえているのは緩めた時にアソコから押しだされてしまうから。敏感なところがもっともっと触ってって震えているけど・・・今は、触らない。

「うわっ。すっごく溢れてきたよ。もしかしてここ、こんなふうに触って欲しいの?」
敏感なところを指で押さえてくる。
ああ、そこはダメ…立っていられない。思わずわたしは田辺くんに抱きついてしまう。腰がガクガクする。ボトルの出し入れが速くなる。溢れてくるものが太ももを伝ってくるのがわかる。

「ああ…ダメ、ごめんなさい…許して…」

「ダメって、こうして欲しいんでしょ?このボトルで奥まで突いてって下のお口が言ってるよ?違う?」

嫌。違うの、わたしが本当に欲しいのは…
その時、ボトルが激しくわたしの中に引っ張られアソコがビクッビクッ、と痙攣した。

しばらく続く心地よい痙攣を感じた後、体中の力を抜きながらゆっくりとボトルを引き抜いた。わたしのアソコからはまだ満足してなさそうにヌチャっと音がした。



小説(官能小説) ブログランキングへ

官能小説ランキングに参加しています。よろしくお願いします。

PageTop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。