FC2ブログ

かみやなぎあきらの官能小説もどき

フルタイムで働きながら官能小説家としてデビューも狙っているかみやなぎです。ひとまずの目標は毎日更新です。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

「三姉妹 三女 真美子1」

「あれ?よし姉ちゃん?」

 三月最後の土曜日、真美子は遠藤と一緒にファミリーレストランで遅いモーニングを食べていた。窓から見える道路には、土曜日なのに車や人が多い。その人の中に佳美によく似た女性を見たのだ。

 後ろ姿なので顔はわからないが、真美子が欲しかったあるブランドのバッグを持っているその女性は背格好や髪形が佳美によく似ていた。

 「ん?お姉さん?」

 向かいに座っていた遠藤が真美子の視線の先を見た。スーツを着た男性と一緒に歩いている。

 「あれ?アッチの方向は・・・」

 佳美によく似た女性とスーツ姿の男性は、先ほどまで真美子たちがいた方向へ歩いていった。

 「あらら」

 行き先はラブホテル街だ。遠藤と真美子も1時間ほど前にそこから来たのだった。

 「・・・よし姉ちゃんと・・・隣の人は、辰夫さんかな?」

 「辰夫さんって、お姉さんの旦那さん?・・・へえ~、夫婦になってもラブホにいくんだ・・・ラブラブだね、お姉さん夫婦」

 遠藤がぼそっと言う。

 なにもラブホテルに行くとは限らないが、そうね、と同意しておいた。

 「同じ部屋でやっていたら飽きてきちゃうんじゃない?」

 「真美子みたいに、お姉さんも声、大きいにかもよ~。近所迷惑になるからエッチはホテルでするんだよ~」

 にたにた笑いながら、真美子を見つめる。その言葉で昨日の痴態を思い出して、真美子は恥ずかしくて話題を変えた。 

 「あ~あ~、土曜日にゆっくりできるのも今日が最後かも・・・」

 道行く人たちは休日の土曜日を楽しむためにどこかへ出かけるように見えた。

 「そんなことないだろ。スーパーで働いてる人みんなが土日絶対出勤って訳じゃないぞ。用事があったら休ませてくれるよ」

 ドリンクバーでお代わりをしたコーヒーを飲みながら遠藤は言った。

 「それに、平日休みならどこにいってもすいているじゃないか。真美子は人ごみ嫌いだからちょうどいいだろ」

 む~、それはそうなんだけど・・・

 「・・・でも、遠藤君と会いにくくなるかもしれないじゃん・・・」

 遠藤と真美子は付き合い始めて1年ちょっと。真美子はこの4月から地元スーパーに就職が決まっている。サービス業なので土日祝は仕事なのはわかっていたが、遠藤と全く休みが合わないことを気にしていた。

 「まあ、今までみたいに会うのは難しいだろうけど、仕事に慣れたら真美子の休みに合わせて有給とれるだろう。今から気にするなよ」

 お互いに新入社員だ。4月からは仕事を覚えるのでしばらくは忙しいだろう。だから昨日の晩から2人でお泊りデートなのだ。

 「で、どうする?今晩も帰らなくていいのか?」

 家に帰っても誰もいない。2人の姉は結婚して出て行った。父親は真美子が高校生のときに亡くなり、母も3年前の佳美の結婚直後に逝ってしまった。まだ学生だった真美子は二人の姉に卒業まで面倒を見てもらったのだ。

 感謝はしている・・・でも・・・

 「うん、大丈夫。これから何しよう?」

 「そうか、良かった。じゃあ、映画でも観て・・・行きたいところある?」

 今日は一杯遠藤を感じたい。

 「遠藤君と一緒ならどこでも」

 しばらく考えていた遠藤だが、

 「じゃあ、映画の後はまたホテルかな?いい?」

 と言った。

 優しく微笑む遠藤の顔をまともに見れずに、少し俯きながら真美子は頷いた。

  

banner2.gif

官能小説ランキングに参加しています。
↑ポチ、よろしくお願いします。↓




↑こちらもよろしくお願いします。

 

 

 

スポンサーサイト
[PR]

[PR]

PageTop

「三姉妹 三女 真美子2」

 映画を見終わると、真美子と遠藤は何かに追われるようにホテルへ向かった。

 部屋に入るなり、真美子は遠藤に抱きついた。

 「ひどいよ・・・遠藤君、映画の途中であんなことするなんて・・・」

 映画の内容はほとんどわからなかった。遠藤がいろんなところを触ってきたからだ。

 始めは太ももをスカートの上から触っているだけだったのが、そのうち直接触ってきて、下着をずらし、柔らかな部分をじっくりと撫でられたのだ。胸も露わにされ、乳首を弄られながら耳にキスされ、真美子は声を抑えるのに必死だった。それでもときおり、熱っぽいため息がでて、まわりの人たちに聞こえるのではないかとハラハラした。

 「真美子、めっちゃ感じてたよなあ~。思わず入れたくなったよ。あ~、我慢できねえ」

 まだ、靴も脱いでいないのに、遠藤はカチャカチャと音をたててベルトを外し、ジーンズとトランクスを一緒にずらした。下腹部に付きそうなぐらい反り返った肉棒が真美子を誘う。遠藤は抱きついている真美子の肩をそっと下に押していった。

 「え?・・・ここで?」

 目の前にはも臨戦態勢にはいった赤黒いペニスがあった。先走り汁が染み出し、裏筋を伝って遠藤の陰毛を濡らしていた。

 「早く。真美子の口で落ち着かせてよ」

 引き寄せられるように真美子の舌が亀頭に触れた。透明な液体の味は真美子の子宮を疼かせた。真美子も我慢できないのだ。

 舌先で裏筋に垂れた汁も舐め取る。

 「ああ・・・いいよ、真美子。もう、入れて」

 ちょっとは焦らしてみたいけど、そんな余裕はなかった。口いっぱいに愛しい人のものを含むと雄の匂いがした。その匂いがまた真美子を雌にさせる。

 ゆっくりと頭を前後に動かしながら舌を竿に纏わり付かせるのが遠藤の好きな舐め方だ。

 咥えたまま見上げると、遠藤が満足げな笑みを浮かべていた。

 「ああ・・・いいよ・・・真美子のフェラは病み付きになりそうだ・・・」

 褒められるともっと感じて欲しくて頑張ってしまう。ちょっと動きを速めて、ほっぺたがへこむぐらい吸い上げる。

 口の粘膜は2つ目のおまんこみたい・・・

 下のお口は我慢の限界だ。真美子は遠藤のペニスを咥えたまま、スカートの中に手を入れ、下着の上から突起をさすった。

 ああ・・・まだ何もされていないのにこんなになってる・・・

 大きく膨らんだクリトリスは下着の上からでもよくわかった。軽く押さえるだけで膣口がいやらしい音を立てて蠢きそうだ。

 「ああ~、真美子、咥えながらオナっているのか、めっちゃエロいじゃん・・・」

 遠藤が頭を押さえて腰を動かし始めた。

 「・・・んん!」

 奥までペニスが入ってくる。苦しい。けれど、真美子の身体の奥は感じている。下着のクロッチの脇から指を滑り込ませると、割れ目からはヌルヌルの愛液が溢れていた。
指が沈んでいく。

 「ああ!駄目駄目!」

 いきなり遠藤が腰を引いてペニスを抜いた。突然空虚になった口内の寂しさに、真美子は甘えるような、勝手に中断されたことに対する抗議のような声を出した。

 「ああ~ん、遠藤くん・・・」

 そんな真美子を遠藤は立ち上がらせ、耳元に唇を寄せて囁いた。

 「逝きそうになる、続きはベッドで」


banner2.gif

官能小説ランキングに参加しています。
↑ポチ、よろしくお願いします。↓




↑こちらもよろしくお願いします。


 

PageTop

「三姉妹 三女 真美子3」

靴を脱いで、ベッドまで行く。たった数歩の距離なのに真美子にはとても長く感じられた。

 「今日の真美子はエロいから・・・」

 抱えていた真美子を遠藤は乱暴にベッドに放りなげた。

 「きゃ・・・」

 スカートは捲りあがり、濡れたショーツが露わになった。遠藤はその下着を素早く真美子の脚から抜き取った。

 「あ・・・やだ・・・」

 濡れた陰部が外気に晒され、火照った身体がますます熱くなった。遠藤が強引に脚を開かせ、クリトリスに吸い付いた。

 「やだ、遠藤君!ああ・・・ああん!」

 まだシャワーを浴びていないソコは汗もかいているし、何度かトイレにも行った後だ。匂いや汚れが気になり、真美子はなんとかして遠藤から離れようとしたが、脚を両腕で抱え込まれ、敏感なところを舐められるうちに力が入らなくなってきた。

 「ああ・・・ん、やだ、恥か・・・しい・・・」

 熱い舌が敏感な突起を嬲り倒してくる。舌先で潰され、唇で吸われ、歯で甘噛みされると、真美子はただ、遠藤の頭を掴み喘ぐしかなかった。

 「遠藤・・くん・・・ああ・・いいっ・・あ、だめえ、いっちゃう!」

 後少しで絶頂に達する寸前で、唇が離れた。

 「駄目だめ、今日は俺のでいかせてあげるよ・・・」

 真美子はベッドの上でうつ伏せにされると、お尻を高くあげるように言われた。

 「え?ええ?」

 まだ、お互い服を着たままだ。後ろで遠藤がズボンを下ろしている気配がする。

 「あ、遠藤君・・・こんな格好・・・」

 言い終わらないうちに、腰を掴まれ硬いペニスの先端が真美子の割れ目に当てられた。

 「あ!あん・・・」

 すぐに突かれると思ったのに、遠藤は入口をぐちゃぐちゃと亀頭で弄るだけで、なかなか奥に入れない。

 「ああ・・・真美子のココ、びちょびちょだよ・・・ヒクヒクしてるし。ん?腰動いているけど、どうしたのかな?」

 早く奥に欲しくて、真美子の腰はペニスを飲み込もうと突き出すように動いていた。でも、入れられないよう遠藤は腰を引く。

 「あああ~ん、焦らさないでぇ」

 ペニスの先端が真美子のクリトリスを撫で上げ、入口に少しだけ入るが、またクリトリスを撫でる、という動きを繰り返していた。

 「ああ・・・遠藤・・・く・・ん・・」

 「ん?何?」

 映画館からの寸止めで真美子の中は遠藤のモノを求めていた。

 「ん・・・はぁ・・・入れて・・・」

 お尻を動かすが、遠藤のペニスは濡れた陰部を撫でるだけで入れてくれない。

 「真美子、ちゃんと言わなきゃ。どこに入れて欲しいの?」

 限界まで大きくなったクリトリスの上を亀頭が滑る。

 「はあ!あ・・・真美子の・・・お・・まんこに・・・」

 「何を?」

 愛液が太ももを流れる。

 「あ・・・遠藤君の・・・おちんちんを・・・」

 「ん?聞こえないなあ~」

 亀頭が入口付近をくちゅくちゅと言わせている。

 「あああん!真美子のおまんこに、遠藤君のおちんちんをいれてぇ!」

 遠藤が真美子の腰をぐっと掴んだ。

 耳元で囁く。

 「よく、言えました」

 濡れた割れ目を熱く硬い肉棒が押し入ってきた。待ち望んだソレは真美子を一瞬で絶頂に導いた。

 banner2.gif

官能小説ランキングに参加しています。
↑ポチ、よろしくお願いします。↓




↑こちらもよろしくお願いします。


更新遅くなってすいません・・・
風邪引いてました。
暖かくなって気温の変化に身体がついていってません。

三女は次に続く次女編の伏線もあるので
長くなります。

お付き合いよろしくお願いします。

・・・書き始めるときにもう少し考えとけば良かった・・・

PageTop

「三姉妹 三女 真美子4」

ラブホテルから外に出るとどうして太陽は橙色に見えるんだろう?

 ホテルで一晩明かした真美子は隣で手を繋いでいる遠藤に言った。

 「そりゃ、ラブホの部屋が暗いからだろ。暗いところから明るいところに出ると目がおかしくなるじゃん」

 そうだろうか?真美子は違うと思う。ベッドの上で沢山愛し合って、いっぱい逝って、身体も心も満足しているから、というのと、ラブホを出ると愛する人と別れなければ鳴らないからだ。寂しさが視覚をおかしくするのだ。

 そんな真美子の気持ちを察したのか、遠藤がぎゅっと肩を抱いた。

 「そんな顔すんなよ。ちゃんと会えるって。メールも毎日するし、電話もするよ」

 「ん・・・」

 明日は遠藤も真美子も入社式だ。お互いに頑張ろうぜ、といって遠藤と別れた。

 新しい環境への不安、遠藤とのこと、それに家のこと・・・4月は悩み事が多くなる月なのか。真美子は遠藤と会っている間、サイレントにしていた携帯を見た。

 (ああ・・・やっぱり・・)

 姉の佳美からメールと着信が入っていた。

 (真美子、朝に連絡したんだけど繋がりませんでした。メール見たら連絡ください。今日は私は仕事だから昼にまた電話します。)

 話の内容はきっと姉妹で集まる日程を決めるためだろう。真美子が就職できたことを2人の姉は喜んだ。それこそ飛び上がらんばかりに。両親がいない分、姉たちは・・・特に佳美は真美子の親のように世話を焼き、心配し、金銭面でも助けてくれた。そんな佳美に真美子も感謝はしているが、時折、過干渉になることが悩みの種だった。

 もう、仕事も決まったんだから、大人として扱って欲しいのに・・・

 佳美には(今から家に帰る)とだけメールした。

 日曜の夕方の電車は、愛された後の疲労感を残した真美子をゆっくりと眠りに誘っていった。




 けだるい身体を何とか歩かせて、家に着いた真美子はガレージに佳美の車が停まっている事に気が付いた。

 とたんに家に入るのが憂鬱になった。小言を言われるのがわかっていたからだ。

 「・・・ただいま・・・」

 ブーツを脱ぐ間もなく、奥から佳美が現れた。

 「真美子、昨日からどこ行ってたのよ!心配したのよ!」

 予想通りの言葉だ。

 「・・・遠藤君と会っていたの・・・」

 「遠藤って?あの大学の同級生の?」

 声を出して返事するのも面倒だったので、頷くだけにした。

 「真美子・・・前にも言ったわよね?お付き合いしてもいいけど、帰るのは遅くならないでって。それなのに昨日は家にも帰ってないじゃない。外泊したの?」

 「よし姉ちゃん、うるさい。もう私も大人なんだから、大丈夫よ・・・」

 いつもならここで大声を張り上げて喧嘩になるのだが、今日はさすがに疲れていてそんな気力はなかった。

 「もう・・・」

 不思議ことに佳美もそれ以上は何も言わなかった。
 よし姉ちゃんも疲れているのかな?

 リビングのソファの上に見覚えのあるバッグが置いてあった。昨日の朝、佳美によく似た女が持っていたものと同じものだ。

 「あれ?やっぱり昨日見たの、よし姉ちゃんだったんだ・・・」

 「何のこと?」

 「昨日、みなみ駅のファミレスでご飯食べてる時にこのバッグ持ってるよし姉ちゃん見たよ。いいなあ~これ買えたんだ~」

 真美子はただバッグを羨ましく思っただけなのだが、佳美はなぜか怖い顔をしていた。

 「あんなところで何していたのよ!それに見たのは私じゃないわよ。私、昨日は会社で休日出勤だったもの。人違いよ」

 あまりの剣幕に真美子はびっくりした。

 「え・・・そうなの・・・でも、このバッグ、限定だし・・・てっきり・・」

 「違うって言ったら違うの!・・・それより今日は就職祝いの日、決めるために来たのよ。私も辰夫くんも美登里姉さんの旦那もGW中だったらいつでもいいから。5月の休み決める時にGW中に1日だけお休み貰ってちょうだい。家の用事とか上手いこと言って。
じゃあ、頼んだわよ」

 そういうと佳美はバッグを掴んで出て行ってしまった。

 呆然とする真美子を残して。

banner2.gif

官能小説ランキングに参加しています。
↑ポチ、よろしくお願いします。↓




↑こちらもよろしくお願いします。



 

  

PageTop

「三姉妹 三女 真美子5」

 佳美があんなに感情的になるのは珍しい。虫の居所が悪かったのか。

 でも、あのバッグを持った女性は絶対に佳美だった。

 (あ~、辰夫義兄さんとホテルに行くところ見られて恥ずかしかったのかな?だから仕事なんて言って必死になって否定してたのか・・・案外可愛いかも・・・)

 携帯で姉の美登里に電話をした。昨日の朝に着信があったからだ。

(はい、吉岡です)

 「あ、みー姉ちゃん?私、真美子。昨日電話あったみたいだけど何?」

 美登里は佳美と違って、真美子の行動にいちいち口出ししない。この家に一人で残ることになった時も心配する佳美と違い、もう20歳だし、一人暮らしもいいんじゃない?と佳美を説得してくれたのだ。

 (あ、まみちゃん?ちょっと和也を見てもらおうと思って電話したんだけど、もう大丈夫よ。どこか出かけていたの?)

 「あ・・・うん。遠藤君と・・・え、和也くん、どうかしたの?」

 他人の子供は苦手だが、甥や姪は別だった。最近会っていない。

 (和也に続いて、由香も熱出ちゃって。病院に連れて行く間、和也とお留守番して欲しかったの。でも、辰夫さんが来てくれて助かったわ)

 辰夫義兄さん?じゃあ、土曜の朝に佳美姉さんの隣にいてたのは・・・

 辰夫ではないとしたら誰なんだろう。会社の人?だったら会社にいていたなんて嘘を言う必要なんかない。営業で外にでることもあるだろう。

 
 (まみちゃん?聞いてる?)

 「あ、ごめん、聞いてるよ」

 (5月の就職のお祝い、良かったら遠藤君にも来てもらえば?お付き合い長いんでしょう?私にも紹介してよ)

 祝日なら遠藤は仕事は休みだ。先に言っておけば来てくれるかも・・・

 「そうね・・・聞いてみる。ありがとう、みー姉ちゃん」

 電話を終えた後、5月に遠藤と会えるかも知れないという喜びで一杯だった。ただ、心の隅っこのほうに佳美についての影が差していた。



 4月は入社式から始まり、新人研修では経営者の話をきいてレポートを書いたり、サービス業ということもあり接客訓練などが1週間、実際に店舗での研修が2週間あり、その後配属先の店舗が決まる。ちょうどゴールデンウィークの前だ。

 「はあ~・・・」

 立ちっぱなしで、慣れない接客。思わず休憩室で大きなため息がでてしまった。

 「あら、田中さん、どうしたの?お疲れじゃん」

 向かいの席に同期の岡崎信子が座った。

 「そりゃ、疲れるよ・・・今日で6日連続勤務だよ~」

 決まった曜日に休みが取れる仕事ではないとわかっていたつもりだが、さすがに1週間休みが無いと辛い。

 「同期の山本君は8勤だって。6勤なんてまだまだでしょう。頑張れ~田中さん。今働けばGWに休みくれるかもよ」

 「それだってお店に寄るじゃん。あ~やっぱりスーパーなんて止めておけばよかった~」

 疲れているから弱気になっているというのもあるが、最近遠藤からのメールが少ないというのが一番の理由だ。カレンダー通りの休みの仕事なら土日遠藤に会うことができたのに・・・。

 「まあまあ、そういわずに。ねえ、配属先の店、決まったら同期のメンバーで飲み会しない?うーん、次のシフト・・・5月の終わりぐらいでみんなで休み合わせてさあ。どう?」

 あまり気が進まなかったが、遠藤のことばかり考えている自分自身が嫌になってきたこともある。これは外に考えを向けて仕事仲間と遊んでもいいかもしれない、と真美子は思った。

 「・・・いいよ。岡田さんが仕切ってくれるなら・・・」

 「よっしゃ!任せといて!みんなに声かけておくね!」

 休憩が終わって部屋を出て行く岡田を見ながら、真美子は飲み会の前に家で就職祝いがあったなあ、遠藤君、きてくれるかな、と考えていた。


banner2.gif

官能小説ランキングに参加しています。
↑ポチ、よろしくお願いします。↓




↑こちらもよろしくお願いします。



PageTop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。