FC2ブログ

かみやなぎあきらの官能小説もどき

フルタイムで働きながら官能小説家としてデビューも狙っているかみやなぎです。ひとまずの目標は毎日更新です。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

「三姉妹 次女佳美1」

約束の時間までまだ20分以上あったが、佳美は待ちきれずにいつもの場所に向かっていた。心なしか脚が軽い。

 やっと・・・あの人と・・・宮田さんと一緒になれる。

 9年越しの願いがもうすぐ叶う。出会ったときは宮田はもう結婚していた。なぜもっと早く出会えなかったのか。宮田と抱き合う時はいつもそんな言葉を交わしていた。奥さんの目をごまかすために誰か他の男と結婚してくれ、といわれた時は本気で宮田を刺して佳美自身も死のうと思っていたが、必死の懇願に負けてしまい結婚相談所で出会った辰夫と結婚した。

 いずれ妻と別れる時がきたら、君も離婚してくれ。そうしたら夫婦になれる。

 その言葉を信じたつもりはなかったが、いつも心の隅に引っかかっていた。先月、宮田から離婚するかもしれないと聞かされたとき、今の結婚生活になんら未練のない自分に気づいた。

 離婚しなきゃ・・・辰夫君と別れられたら、宮田さんと結婚できる・・・

 
 辰夫に離婚の話をした時は、断られると思った。そうなれば姉の美登里とのことを出すつもりだった。妻の姉との不貞が理由なら辰夫も断らないと考えたからだ。宮田は別れさせ屋に頼めばいいと言ったが、佳美は他人に頼むことに抵抗があった。美登里なら過去に風俗の経験があり、今の幸せな家庭を壊したくない。それに美登里には金が必要だった。援助を引き換えに離婚の理由となる不貞をしてくれと頼んだのだ。
 
 しかしそのことを持ち出すまでもなく辰夫は佳美の申し出を受け入れた。美登里とのことを負い目に感じているのか、他にも理由があるのか・・・気にはなったが今の佳美には宮田と一緒に暮らせることが嬉しく、辰夫が何故簡単に応じたのかは聞かなかった。


 最低なことをしているということはわかっている。それでも・・・それでも佳美は宮田と一緒になりたかったのだ。

 
 待ち合わせの駅前にはもうすでに宮田の姿があった。初めて会ったときからもう7年。それでも長身でがっしりとした体つきは出会った時から変わらず、今も同年代の男性比べて若く感じる。

 夜の駅前は通勤帰りのサラリーマンやOLでごったがえしていた。すぐに傍にいきたい、あの胸に飛び込みたい、と逸る心を抑えつつ、佳美は宮田に駆け寄った。

 宮田は佳美に気づくと黙ったまま背を向け、歩き出した。

 二人で歩いているのを見られるとマズイから・・・

 そう言われて、待ち合わせ場所でお互い目で合図すると、それぞれ他人のように歩き出す。

 今はまだ隣で歩けないけど、宮田さんの離婚が成立すれば・・・もう、こそこそ歩かなくていい、堂々と腕を組んで歩けるんだわ。その日はもうすぐ・・・


 宮田は薄暗い路地に入り、いつものラブホテルに入っていった。いつも彼が先に入り、佳美が少し時間をあけて別々に入る。フロントで待っていた宮田はこの時、初めて佳美の腰を抱き、耳元で囁くのだ。

 「会いたかったよ・・・今日は早かったね」

 腰からお尻にかけて滑るように撫でてくる。ただそれだけで佳美の身体は宮田を受け入れる準備ができるのだ。

 「あ・・・ん、み、やたさんに・・・・早く・・・会い、たくて・・・あん!」

 耳たぶが優しく甘噛みされると、膝がガクガクして立っていられなくなる。まだ部屋にも入っていないのに。

 エレベーターの中でも宮田の執拗な愛撫は続く。ブラウスのボタンが外され、ブラジャー越しに胸を掴まれる。 

 
banner2.gif

官能小説ランキングに参加しています。

↑ポチ、よろしくお願いします。↓




↑こちらもよろしくお願いします。


アルファポリスの「第4回ドリーム小説大賞」にエントリーしようか
考えています。
未完だったら駄目なのかな?だったら早く完結させないと・・・
エッチな描写があってもいいのかな?
ちょっと調べてみます。

もし、エントリーすることができたら・・・・

応援よろしくお願いします。



スポンサーサイト
[PR]

[PR]

PageTop

「三姉妹 次女佳美2」

 はぁ・・・あん・・・

 薄暗く狭いエレベーターの中の温度が上がってきてるようだ。ブラジャーの中で乳首は硬く尖り、布に擦れてさらに敏感になった。

 静かにエレベータが止まると宮田はブラのなかに手を滑り込ませてきた。

 「あ・・・駄目・・・」

 佳美の腰に空いた手をまわし、身体を密着させる。

 「誰か来るかも・・・」

 ドアが開いても手は硬い乳首を弄くっている。捻られるたびに腰がピクン!と動いてしまう。

 「誰も来ないよ。このまま部屋に行こう」

  宮田の肩に頬を寄せそうになって、あわてて少し離れた。化粧がスーツに付くのを防ぐためだ。長年の習慣が身について離れなくなっていることに佳美は苦笑した。

 部屋に入ると、宮田の上着をハンガーにかけ、軽くブラシをかける。これも宮田との関係のなかで生まれた習慣だ。

 「佳美はマメだねえ。あ、お風呂は一緒に入ろうか?お湯入れてきてくれる?」

 「え?今日はゆっくりできるの?」

 いつもホテルで過ごす時は2時間ほどしか時間がなかったので、お風呂はそれぞれ入っていたのだ。

 「ああ・・・今日は・・・大丈夫。これからのことも話したいし、ゆっくり過ごそう」

 話と言うのはきっと二人のこれからの生活のことに違いない。

 住む所は・・・朝は一緒に家を出て・・・あ、でも離婚してすぐは結婚できないんだったっけ・・・

 好きな人と日常を一緒に過ごせる喜びがひしひしと湧いてくる。


 「・・・ねえ、宮田さん、私・・・」

 辰夫と離婚できることを伝えなければ。佳美にとってとても大事なことだったのでメールではなく、直接宮田に伝えようと会える時まで黙っていたのだ。
 そのことを伝えようと言いかけたとき、抱きしめられ唇が合わさった。重ねられた唇の隙間から温かい舌が滑り込む。敏感な口の粘膜が犯される。

 「・・・んん!・・・あ・・・」

 宮田の唇は佳美の頬を伝い、耳に優しく息を吹きかける。熱いくらいの吐息が佳美の身体を震わせた。

 「ああ・・・み・・やた・・さん・・・」

 たった一息の愛撫で佳美は立っていられなくなる。両手で宮田の背中を掴んだ。

 「相変わらず、敏感だなあ。おもしろいぐらいだ」

 そういうと宮田は佳美の耳を舐め、甘噛みする。そのたびに佳美の口からは甘い喘ぎ声がでるのだ。

 「あ・・・ああん!あ、もう、だめぇ・・・」

 ぴりぴりと身体が痺れたようになる。宮田に触れられるといつもそうなるが、今日は普段よりも感じやすくなっているようだった。佳美自身にも下着が濡れてしまっていることがわかるからだ。

 そのままベッドに押し倒された。

 「あ、宮田さん・・・お風呂・・・」

 また言い終わらないうちに唇は塞がれる。ブラウスのボタンが全て外され、ブラジャーがたくし上げられた。

 「あ、佳美の乳首、もう硬くなってる。さっきの愛撫がまだ効いていたのかな?」

 そんな意地悪を耳元で囁く宮田から隠れるように顔を反対に向けた。すっかり身体は宮田を受け入れる準備ができている。キスされたときから?エレベータでの胸の愛撫で?

 いや、もっと前に。彼に会いに行くところから、もう乳首は敏感になり、中は濡れていたのだ。

 
banner2.gif

官能小説ランキングに参加しています。

↑ポチ、よろしくお願いします。↓




↑こちらもよろしくお願いします。



スランプに陥っていました。
更新遅くなってごめんなさい。
アルファポリスにエントリーしたので
できるだけ早く完結できるよう頑張りますので
よろしくお願いします。

拍手コメントにコメントくださった方、ありがとうございます。
真美子にはまた最後に登場してもらう予定です。
どうか最終回までおつきあいくださいませ。



 

PageTop

「三姉妹 次女佳美3」

 辰夫が離婚を了承してくれた時、彼に対する申し訳ないと思う気持ちよりも宮田とやっと一緒になれる喜びのほうが強かった。これから離婚にむけての話を詰めていかないといけない。しかし宮田の存在は辰夫には隠しておきたかったので、今日会うのも本当は止めたほうが良かったのだが、「会いたい」とメールが来たら、もう押さえることはできなかった。

 ああ・・・あのメールをもらった時から、もう・・・・


 蜜を湛えた佳美の秘部に宮田の手が触れた。ストッキング越しのクリトリスを指先は的確に捕らえる。

 「ああ・・・んん!」

 小さな突起から滑りように指が割れ目を撫でていく。穴の付近で「あれ?」と宮田が呟いた。

 「え・・・?何?」

 ぐにぐにと下着の上から指が中に入ってこようとしている。

 「あ?いや・・・」

 「今日の佳美のココ・・・すごい・・・ストッキングの上からでも濡れているのがわかるぞ。漏らしたみたいになってる・・・ほら」

 宮田は佳美の手を股の間に持ってきた。脚の間は妙な温もりがあり、アソコ周辺の下着がグッショリと湿っているのがわかった。

 「あぁ・・・いや・・・」

 「こんなに濡れたらもう履けないなあ。今日はここから入れようかな」

 ピリッという音がして、下着の中に宮田の指が入ってきた。

 「あ、やだ、破ったの?・・・ああん!」

 指が濡れてすべりがよくなった内部に入ってきたのだ。

 ぐちゅり、ぐちゅ・・・

 「うわ、大洪水だ。毛までぐチョグチョだぞ・・・そんなにしたかったのか?」

 右手の指で中をかき回され、舌先で乳首をもてあそばれる。溢れているのか、お尻のほうまで濡れてきているのがわかった。下着が張り付いてくる。

 「あっあっ!ああ・・・嫌、こんな格好・・・」

 服を着たまま、スカートはお腹まで上げられ、はだけたブラウスから乳房が露わになり、ストッキングも履いたまま・・・・まるでレイプされているようだ。

 「たまにはこういうプレイもいいな。佳美、口では嫌って言うけど、こっちはヌルヌルだぞ。感じてるんだろ?」

 中の圧迫感が強くなる。宮田の指が一体何本入っているんだろうか?いやらしい音が大きくなる。

 「んん!はぁん!いやあ・・・服、脱がして・・・」

 宮田の肌を、ぬくもりを感じたい。宮田の身体の下でその体温と重さを感じながら受け入れたいのに、佳美の言葉を無視して足元からカチャカチャとベルトを外す音がした。

 「え?お風呂は?きゃ!」

 身体をうつ伏せにされ、尻を持ち上げるような格好をさせられた。

 「え?ええ?」

 「こんなに濡らす佳美が悪いんだぞ。ほら・・・」

 下着とストッキングが強引に破かれ、むき出しになった割れ目に硬く熱いモノが当てられた。佳美の濡れた秘肉が硬くなった先端を少しづつ飲み込みはじめた。

 「うぅ・・熱い・・・」

 背中に宮田の吐息交じりの呟きが聞こえた。

 「ああ・・・大きい!」

 感じて充血した佳美の中は、宮田のペニスを窮屈そうに迎え入れていった。


banner2.gif

官能小説ランキングに参加しています。

↑ポチ、よろしくお願いします。↓




↑こちらもよろしくお願いします。

  

PageTop

「三姉妹 次女佳美4」

「今日は・・・なんか、ちがうぞ・・・」

 ベッドに顔を埋めたまま、宮田を全部受け入れた佳美は荒い呼吸を続けていた。服をきたままだからか、普段の手順と違うからか、身体の芯から何かが溢れ出しそうで、でもソレを押さえたくて、息があがっていた。

 「すごく、きつい・・・いや、中が動いている・・・・」

 奥まで入れた宮田はそのままの体勢で動こうとしなかった。中の具合を確かめているようだ。 

 「ああ・・・いやぁ・・・そんなこと、言わないでぇ・・・」

 うねりそうになる腰を動かないように抑えているので、お尻が間歇的にビクビクと震える。それがまた宮田の劣情を刺激した。

 「ああ?佳美、尻が震えているぞ・・・動かして欲しいのか?ん?」

 宮田がふざけるようにパシッと臀部を叩く。たいして痛くないのに、少しの刺激を敏感に感じ取ってしまうから、叩かれる度に佳美の中はきゅうっと締まるのだった。

 「あん!ああ!だめ!」

 「うわ、締まる!うう・・・駄目だ・・・」

 腰を大きな手で掴まれたかと思ったら、身体の内部が、ずん、と重くなった。

 「あああ!ああ!宮田さん!」

 歳の割に宮田の動きは激しい。ぎりぎりまで引き抜かれたペニスは勢いよく佳美の中に打ち込まれた。

 「はぁん!あ!」

 肉と肉とがぶつかる音の間に、粘液が溢れてペニスにまとわりつく音もする。後ろから入れられると子宮口にぶつかる度に、肺の空気が押し出される感覚になる。

 「ふぅう、はあ!ああん!あ、駄目ぇ~え」

 半分泣き声になってきた。それでも宮田は激しく腰を動かしてくる。

 「あ、はぁん!ああ・・・・」

 本当に涙が溢れ、閉じることができなくなった唇の隙間から唾液が垂れてきた。

 宮田の乱暴なセックスに悲しくなった訳ではない。いつもとは違うやり方に感じすぎた訳でもない。

 ただ、愛する人と繋がっていることが嬉しかった。何も二人を遮るモノはなく、粘膜で触れ合って、体液が佳美の中で交じり合っている。そのことがたまらなく大事に思えたのだ。

 ああ・・・もっと、もっとあなたを感じさせて・・・

 想えば想うほど、佳美の中は宮田を奥に引き込もうと締め付けた。

 「うう・・・あ、駄目だ。佳美、上向いて」

 宮田はペニスを引き抜き、佳美の身体を仰向けにして再び挿入した。濡れた繋がりからはさっきよりも激しい音がした。

 「ああ!あああん!宮田さん!」

 一気に絶頂に行きつつある佳美はまだシャツを着ている宮田の身体にしがみつき、泣き声をあげた。

 「ああ!だめえ!いっちゃう!いっちゃうよぉ!」

 「俺も・・・今日は、いいのか?」

 うわずった声だが冷静に宮田が聞いてきた。

 「うん、出してぇ!中にぃ・・・あ、あああん!」

 腰が浮き上がり、両脚を宮田の身体に絡めたまま先に達してしまった。

 「あん!あああ!」

 達しても宮田は動きを弱めようとはしない。立て続けに与えられる刺激に、佳美はまた登りつめる。

 「ああ!駄目、ダメ!また、いくぅ!」

 「ああ・・・俺も、いくよ・・・!」

 佳美の耳元で宮田が喘いだ。

 どん、奥に衝撃が走ると、2度目のオーガズムが佳美を襲った。痙攣する粘膜がビクビクと震える宮田のペニスからしぼり取るように精液を求めている。

 熱く湿った宮田の背中を手のひらで感じながら、佳美は逆流する熱い2人の体液を下の口で味わっていた。



banner2.gif

官能小説ランキングに参加しています。

↑ポチ、よろしくお願いします。↓




↑こちらもよろしくお願いします。



PageTop

「三姉妹 次女佳美5」

「ああ・・・、服着たまましちゃったから、汗かいたね」

 ぬにゅん、と柔らかくなったペニスを抜きながら宮田は汗ばんだシャツを脱ぎだした。

 「一緒にシャワー浴びるかい?」

 声をかけられたが、佳美はベッドの上で仰向けになったまま動けなくなっていた。

 逝った後は身体が鉛のように重くなる。宮田が埋めていた肉ひだの間から白く濁った体液が破れたストッキングを濡らし、シーツのまで落ちていく。

 「う・・・ん・・・」

 「おやおや、佳美姫はまだ起きられないみたいだね。先に入っているから、後からおいで」

 宮田が服を脱いで浴室に行くのをベッドに横になったまま見送ると、佳美はそっと指を脚の間に滑り込ませた。

 ああ・・・こんなにいっぱい・・・

 宮田のペニスにほぐされて柔らかくなった性器は佳美の指を滑らかに中に導いた。

 ぐちゅ、くちゅ・・・・

 中に出された後に自分の指を入れてセックスの余韻に浸るのが好きだった。彼の身体から出されたばかりの精液の温かさを確かめ、二人の体液を混ぜる。

 一度宮田の前で指を入れたら、満足していないのかと叱責されたので、彼の前ではできない。今日みたいに先にシャワーを浴びるか、寝てしまったときにする佳美のささやかな楽しみだった。

 人差し指と中指に絡みつく二人の体液がたまらなく愛しい。

 ああ・・・ずっと、ここがあの人のモノで一杯になれば・・・

 
 ヴゥゥン・・・

 テーブルの上の携帯が震えていた。間歇的に震えるソレは誰かからの着信を知らせていた。

 誰?まさか・・・奥さん?

 しばらくすれば鳴り止むかと思っていたが、携帯は振動し続けた。佳美は精液で濡れた指先をティッシュで拭い、表示を見た。

 「着信 祐美」

 手が震えるのはバイブの振動のせいだけではなかった。

 え・・・どうして奥さんから・・・

 宮田に伝えるべきか、いや、どちらにしろシャワーから出てくれば着信があったことに気づく。なら、今電話に出たほうが疑われないかも・・・

 「・・・宮田さん・・」

 浴室のドアを開けると、ちょうど宮田はタオルで身体を拭いていた。

 「ああ、佳美、遅いよ。のぼせそうだったから・・・え?何、電話?」

 宮田は佳美から携帯を受け取ると、通話ボタンを押した。

 「あ?祐美?なんだよ、今日は接待で遅くなるって言っただろ?」

 会話の内容は気になったが、傍にいてずっと聞いているのも気まずかった。浴室の前から部屋に戻ろうと背を向けたとき、宮田が大声をだした。

 「え?なんだって?大丈夫か?・・・駄目だ、今すぐ救急車呼べ!すぐ帰るから・・・ああ、わかった。いいか、落ち着けよ・・・うん、連絡してくれ」

 宮田は焦ったように部屋にもどり、服を着始めた。

 「あ・・・宮田さん・・・」

 服を着た宮田は財布から紙幣を何枚か取り出すと、佳美の手に握らせた。

 「すまない、先に出る。これで支払っといてくれ」

 「どうしたの?何かあったの?」

 宮田の目はもう佳美を見てはいなかった。変な動悸がする。嫌な予感。聞いてはいけないのに、佳美の口開いてしまった。

 「奥さんに何かあったの?教えて!」

 宮田の腕をつかんだ。さっきまで流した汗がまだ乾いていないシャツだ。

 「・・・出血したらしい・・・お腹に、子供がいるんだ・・・」

 
 また、連絡する、と言い残して宮田は出て行った。

 ラブホテルの一室に一人残された佳美は、しばらくその場に立ち尽くしドアを眺めていた。破れたストッキングを白い体液が一筋、垂れた。


banner2.gif

官能小説ランキングに参加しています。

↑ポチ、よろしくお願いします。↓




↑こちらもよろしくお願いします。


アルファポリスのドリーム小説大賞にエントリーしています。
6月中は通常のバナーではなく「投票する」バナーになっています。
投票はアルファポリスの市民に登録している方ができるようです。
メールアドレスとユーザー名で登録できます。


おもしろいと感じ、続きが気になる!と思われた方は
是非、「三姉妹 秘密の情事」に投票お願いします。


PageTop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。