FC2ブログ

かみやなぎあきらの官能小説もどき

フルタイムで働きながら官能小説家としてデビューも狙っているかみやなぎです。ひとまずの目標は毎日更新です。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

「初めては先生と」1

 「初めては先生と」


 部屋に卑猥な音が響く。
 ぺちゃ、ぺちゃ、ぺチャ、クチュクチュ・・・
 
 真理子は椅子に座り、学習机の上に両足を投げ出した恥ずかしい格好をしていた。脚の間にはこの家の一人息子、トオルの頭が見え、一生懸命真理子の股を舐めていた・・・

 「ああ・・・先生のここ・・・すごく・・美味しいよ。穴の中からいっぱい何かでてくるし・・・」

 トオルは興奮し、熱い吐息を真理子の性器に吹きかける。そのたびに真理子は椅子の上でビクビクと身体を震わすのだった。

 「・・・あ、トオルくん・・・もう、ダメよ・・・明日のテスト対策・・・ん!・・しなくっちゃ・・・」

 脚を閉じようとした時、いきなりトオルがクリトリスに吸い付いてきた。

 「あああん!!」

 吸い付きながら舌でこねくり回され、真理子は一気に子宮が収縮し奥から愛液が染み出してくる感覚に陥った。

 あ・あああ・・・逝っちゃいそう・・・

 「あ~、美味しかった。ありがとう、先生。」

 満足気な顔をして、トオルが顔を上げた。口の周りがべとべとに濡れている。

 「え?」

 逝きそうなところで寸止めされた真理子は腰を浮かしながら、おねだりするような格好になった。

 「あ~、もう20分も舐めちゃったよ~。まずいなあ。先生、俺、明日のテストヤバインダよね。そろそろ勉強しようか?」

 口元をティッシュで拭きながら、隣に置いてあった別の椅子に座った。

 「・・・あ、そ、そうね。」

 真理子は足首に丸まって引っかかっていたショーツを履いて、スカートの乱れを直した。愛液とトオルの唾液が下着に不快に張り付き、下腹部は疼いていたが、真理子は本来の仕事をやり始めようとテキストを開いた。

 トオルの家庭教師としての仕事を。

 その日の勉強は下半身の疼きに耐え、なんとか終えることができた。トオルはいま浪人1年目の19歳だ。来年の大学受験にはなんとしても合格させたいという父親の強い要望で、
真理子が家庭教師として雇われている。トオルは予備校にも通っているが、その授業についていくのも怪しいため、模試の時期は補習として勉強をみることもあった。

 あまりにも成績が上がらず、トオルの父親からは責められ、どうしたらやる気がでるのか悩んでいた時、ある条件をトオルからだされた。


 「成績があがったら、僕のお願いをきいてよ。そしたら、ちょっとはやる気がでるんだけどね。」

 

 どうせたいしたお願いではないだろうと、安易に約束したのがいけなかった。その約束をした後の最初の模試でトオルは予備校のクラスを1つ上げたのだ。予備校は成績順でクラス分けがされている。今までは標準Cクラスだったのだが、標準Aにあがったのだ。真理子からしてみれば全くダメだった成績がまあ人並みになったという程度なのだが、成績があがったのは嬉しいことだ。約束は約束だから願い事を聞いてみた。するとトオルの答えは

 「そうだなあ~、じゃあ先生、キスさせてよ。僕まだしたことないんだよね。」

 キスと聞いて驚いた真理子だが、教え子の頼みを断ることもできず、またトオルのヤル気を無くすことも怖くて、最初のお願いごとを聞いてしまった。望んだことではないが、トオルの初キッスの相手になれ、少し嬉しい気持ちもあった。トオルの唇は柔らかく、少し震えていて真理子の母性本能を大いにくすぐった。

 キスぐらいでこの子のヤル気がでるなら・・・・

 そんな甘い考えで応じたのだが、その後のトオルの「お願い」はエスカレートしていった。
予備校の模試は月に1度はある。最初のキスは8月、夏の模試の「お願い」だった。9月ではなんと生乳を揉ませて欲しいということだった。模試の結果はまた1つクラスを上げる好成績でもう真理子は断るきっかけを失ってしまった。

 キスをしながらシャツの中に手をいれられ、乳首をもて遊ばれた。思わず身体が反応する。


 「あ・・・あん・・・」

 乳房を手のひらで包み込むように揉んでいる。優しい丁寧な愛撫だった。

 「先生のおっぱい・・・柔らかい・・・でも乳首は硬くなるんだね・・・」

 まるで恋人のような、これからセックスをするような愛撫・・・前戯のような愛撫で、真理子の秘部を充血させ濡らせるには充分のものだが、トオルはそれ以上のことは求めてこなかった。そのことは真理子に下腹部の疼きを覚えさせ、これからの「お願い」を期待させた。



 
小説(官能小説) ブログランキングへ

官能小説ランキングに参加しています。よろしくお願いします。


実はこの「初めては先生と」は私の若い頃のオナネタです(笑)
でも小説にするにはオチが必要なので細部は変えています。
ラストも考えていますが、書いてる途中で変わるんかなあ・・・
今回もがんばって更新しますので、覗いてやってくださいね。

スポンサーサイト
[PR]

[PR]

PageTop

「初めては先生と」2

「・・・はあ・・・」

 舐められたところがまだ熱を持っているよう・・・
 明日のテスト対策を終えて、真理子はため息をついた。8月からの「お願い」はキスから始まり、生乳揉み、性器を見せる・・・までエスカレートして、今日はとうとうクンニまでされてしまった。それに受験まで半年を切ってから毎月2回から3回は模試やテストなどがあり、そのたびにトオルの「お願い」がある。このままでは3月までには最後の線を越えそうだった。

 そのことも充分悩み事なのだが、それを求めてしまっている自分自身がいるってことが恥ずかしく、危険なことのように真理子は考えていた。

 「先生、どうしたの?ため息なんかついちゃったりして。」

 真理子の悩み事をわかっているのか、わかってないのか、爽やかな笑顔でトオルが尋ねる。

 「お願い」さえなかったら、いい子なんだけど・・・

 そう思いながら真理子はトオルの切れ長の目を見ながら思った。顔は悪くない。むしろ高校や予備校では女の子からの視線をあつめているだろう。告白ぐらいされているかもしれない。でも彼女はいないらしい。まあ、浪人生なのでそれどころではないだろうが、なんだか自分がていのいい性欲処理兼家庭教師をさせられているような気がして、ちょっと悲しくなる真理子であった。

 「う、ううん。トオルくん、明日のテスト大丈夫かなって思って・・・」

 成績は「お願い」効果のせいか、右肩上がりだ。トオルの父親からも感謝されている。おそらく明日のテストも問題ないだろうが、真理子は身体の疼きや、心配事を悟られたくなく、適当なことを言った。

 「な~んだ、そんなことか。大丈夫だよ、先生の教え方上手だし。それに寝る前にもう少し勉強するしね・・・」

 そういうと意味ありげにふふっと笑って、

 「・・・さっきの僕の口があまりにも良かったから、もっとして欲しかったのかなって思ったんだけど?」

 図星だったので、すぐに返事ができなかった。

 「えっ・・・あ、いや、あ、そんなこと・・・」

 きっと顔は真っ赤になっているだろう。そんな真理子をみながら、トオルはニヤニヤ笑っていた。その時、ノックの音がして、部屋のドアが開けられた。
 「先生、終わりましたか?」

 ドアから顔を出したのは、トオルの父親だ。

 「あ、はい、今ちょうど終わったところです。」

 真理子はトオルの父親が苦手だった。成績が伸び悩んだ時にひどく責められたからだ。
今は成績があがり、父親の機嫌は良いが、それでも話をするときは緊張する。トオルと不適切な関係をしているという後ろめたさもあるのかもしれない。

 「もう遅いから車で駅まで送りますよ。」

 トオルの家から駅までは歩いて20分ほどかかる。夜遅くなったときはたまに父親が真理子を駅まで送ってくれていた。

 「あ、もう10時だね。先生、送ってもらいなよ。夜道の一人歩きは物騒だからね。」

 「・・・じゃあ、お願いします・・・」

 トオルはいつも車まで見送ってくれる。

 「じゃ、先生、次は来週の火曜日ね。楽しみにしてるよ。」

 意味深に笑うトオルに手を振りながら、真理子を乗せた車は静かに動き出した。



 「最近、トオル調子いいみたいですね。春にあなたが来たときはどうなることかとヒヤヒヤしましたが。」

 運転しながらトオルの父親が話しかけた。

 「あ、そうですね。トオルくん、やっと波に乗ってきているっていうか、ヤル気と結果がついてきてますね。教えがいがあります。」

 横顔を見ながら真理子は答えた。

 やはり親子なのだ。スッとした目元や鼻の形が良く似ている。トオルの父親もその歳ではかなりかっこいい部類にはいるのだろうなあとぼんやり考えていた。

 数十年後にはトオルもこんな感じに歳をとるのだろうか・・・

 「・・・それにしても、先生の教え方が上手いんでしょうね・・・どんなやり方なんでしょうかね?」

 いつもとは違う曲がり角を車は曲がった。

 「あ・・・おとうさん・・・道が違いますが・・・」

 真理子はトオルの父親を「おとうさん」と呼んでいた。トオルの前ではそう呼ぶからだ。

 車は駅の裏側の道をすすむ。住宅街なので外灯が数メートルおきにあるが、それでも大通りに比べると薄暗く、人はほとんど歩いていない。車は住宅から少しはなれた公園の前で停まった。

 「・・・真理子先生・・・おとうさんって呼ぶのは止めてくださいよ。私には和明って名前があるんですから。」

 トオルの父親、和明はそう言いながら、真理子の太ももに左手を置いてきた。

 「・・・ひゃ!」

 思わず声をあげると、和明は真理子の太ももを撫でながら、レコーダーのようなものを取り出し、ボタンを押した。


 そこからは何かを舐めるような音と、女の喘ぎ声が聞こえた。



 
小説(官能小説) ブログランキングへ

官能小説ランキングに参加しています。よろしくお願いします。

PageTop

「初めては先生と」3

 (・・・ぺチャ、クチュ、ぺチャ、・・・・)

 (・・・あ、ああん・・・や、嫌・・・あ・・ダメ・・・あん・・)

 
 和明は真理子の脚をさすりながら、再生を続ける。真理子は和明の手を払いのけることもできない。身体が金縛りにあったように動かない。ボイスレコーダーと思われる機械から発せられる声は紛れもなく真理子自身の声だったからだ。

 (・・・真理子先生のここ、すごい・・・ヒクヒクしてるよ・・・クチュ、クチュ・・・)

 トオルの声も・・・

 何を話せばいいのか、トオルの父親の和明はどうしたいのか・・・何も考えられないまま真理子は水音と切なげな女の声を聞いていた。

 「・・・最近、どうもトオルとあなたがいる時に部屋から妙な音が聞こえるのでね・・・。盗聴させてもらったんですよ」

 脚を触っていた手がスカートの中に入ってきた。

 「・・・あ、あ、止めてください・・・」

 この時になってようやく和明の手を真理子は両手で押さえたが、その力は弱々しいものだった。


 (・・・穴の中からいっぱい何かでてくるし・・・)

 「穴っていうのはここのことかな?」

 和明は真理子の閉じていた脚に無理やり手を入れ、下着の上から陰部を押してきた。

 「ああん!あ、やめてください!」

 トオルに舐められて敏感になっている場所が一気に硬く充血してきた。

 「やめてください?真理子先生、そんなこと言える立場?教え子を誘惑して、どの面でそんなセリフが言えるんですか?・・・ほら、トオルに舐められて中途半端だったんでしょ?」

 ショーツの脇から指を入れられ敏感なところを押さえられる。

 「あああ!あ、ダメです!嫌!」

 両手で抵抗するも男の力には敵わない。トオルの唾液と真理子の愛液で湿っていた秘部は和明の指をくわえ込んでしまっていた。

 「・・・あ・・・やめて・・・おとうさん・・・」

 ボイスレコーダーからではない湿った水音が真理子の股から聞こえてきた。

 ぐちゅ・・・クチュ・・・

 「トオルも悪いやつだなあ。ちゃんと逝かせてないで・・・ほら、こんなに求めてるのに・・・」


 和明は膣の中を激しくかきまぜた。ぐちゃぐちゅぐちゅぐちゃ・・・

 
 「・・・あ・・あん・・あ・・ご、ごめんなさい・・・もう、トオルくんの・・家庭教師は・・あん!・・あ、や、やめますから・・・ああ・・許してくださ・・・い・・」

 頬に涙が伝わる。なんて馬鹿なことをしたんだろう・・・あんな取引でヤル気をださせるなんて・・・もう、止めよう・・・

 と真理子が泣いていると

 「いえ、真理子先生にはこのままトオルの家庭教師を続けてもらいますよ。成績も上がってきてますからね。色仕掛けでトオルを合格させてやってください。」

 意外な答えで驚いて和明の顔を見た。

 「・・・ただ、息子とどんなことをしたのか私に報告してもらいますよ。詳しくね・・・」

 そういうと和明はずるっと指を抜いて、真理子の目の前にかざした。自分自身の匂いがして、思わず顔を背けてしまう。

 「あ~あ、こんなにべちょべちょですよ。これですか?トオルがおいしいって言っていたのは?私も味見してみようか・・・」

 見せ付けるように和明は指についた真理子の愛液を舐めていく。味わうように。

 「う~ん、そんなに美味しいものではないですね・・・やはり直接舐めないとだめなのかな?」

 いきなり助手席のリクライニングを倒され、真理子はほぼ仰向けに寝るような格好になった。

 「あ!嫌!やめて!」

 抵抗する真理子に和明は覆いかぶさり、耳元で囁く。

 「ダメですよ。真理子先生・・・抵抗したらこのボイスレコーダーをもって、あなたの大学に抗議に行きますよ・・・息子をたぶらかした淫乱女子大学生だって・・・」

 真理子は大学の学生課からこのバイトを紹介してもらったのである。そんなことを言われたらもう大学にはいられないだろう。そのことを考えると、力が抜けるような絶望感がじわじわと身体に広がってきた。

 ぐす・・・すん・・う、ううう・・・

 真理子の嗚咽が車内に響く。

 「あらら・・・泣かなくてもいいのに。私の言うことを聞けば先生はこのまま家庭教師を続けてバイト代ももらえる。大学にも通える。トオルは合格できる。いいことづくめじゃないですか?・・・それに・・・」

 和明の手がショーツにかかる。

 「トオルじゃ味わえない感覚を父親の私なら味あわせてあげられますよ・・・」

 ゆっくりと下着がおろされていった・・・



 
小説(官能小説) ブログランキングへ

官能小説ランキングに参加しています。よろしくお願いします。

PageTop

「初めては先生と」4

「・・・あ・・・嫌・・どうして・・・?」

 和明の手によって、真理子のショーツは足首から抜かれ、黒い茂みから発する匂いが車内に漂った。

 「・・・どうして?真理子先生が魅力的だからですよ・・・意外に濃いアンダーヘアーですね。」

 茂みを掻き分け、割れ目とその上にある陰核を確認するように指を滑らせる。
 その度、真理子の下半身がビクビクと震えた。

 「あ!、ああ・・」

 和明は真理子の膝を折り曲げ、赤ちゃんがオムツを変えるときのような格好をさせた。
公園の外灯が真理子の充分濡れた陰部を照らした。

 「・・・綺麗な割れ目だ・・・」

 陰部に和明の吐息がかかる。それだけの刺激でアソコの奥が蠢くのがわかった。

 「・・・ああ・・・おとう・・さん・・、もう、許して・・・」

 脚を閉じようとするが和明の両手がそれを許さなかった。

 「お父さんじゃなくて、和明さんって呼んでくださいよ。さっき言ったでしょ?」

 濡れている真理子の膣にこんどは2本の指を入れてきた。

 ぐちゅ

 「ああ!ああん・・・」

 ぐちゅぐちゅ

 「ほお~、うわ~、トオルが驚くのも無理ないなあ。先生・・・溢れてきてるよ。」

 「・・・う、うう・・・もう・・やめて・・・」

 和明はゆっくり指を引き抜くと、真理子の口にその指を押し込んできた。

 「ほら、先生。舐めて。トオルに舐めさせたんだから、あなたも味わって。」

 「うっぐ、ぁああ、」

 舌の上を指が這い回る。押し出すこともできず、真理子は自分の愛液を含んだ唾液を口からただ垂れ流していた。


 「いい表情だね。そろそろ私も味わいますか・・・」

 そういうと和明は真理子の濡れた膣口に舌を入れてきた。ヌルヌルと熱く柔らかいモノが真理子の内部を舐めまわす。

 「あ、ああ・・・あん・・・」

 恥ずかしくて悔しいはずなのに、快楽を求めて腰が動いてしまう・・・

 トオルに舐められたところが充血してきた。

 「・・・ここも、慰めてあげなくちゃね・・・」

 和明はそう言いながら控えめながらもピンクに盛り上がったクリトリスに吸い付いた。

 びくんと電気に打たれたみたいに身体がはねる。

 「あああ!あん!ダメ!」

 トオルに舐められた時とは比べ物にならないくらいの快感が真理子を襲う。和明は舌全体でクリトリスを包み込み柔らかに捏ね繰り回す。唾液が膣口に垂れ、真理子のアヌスまで伝わり、熱い液体を感じるたびに膣が蠢く。和明の唇はだんだん下に下がってきて、ひくつく大事な穴に差し込まれていく・・・

 「あ、ああ!やめてぇ・・・」

 じゅっ、っずず・・

 しとどに溢れる愛液をすする音が聞こえる。

 「・・あ・・うっ・・おねが・・い・・」


 「和明さんって言ってくれたら、止めますよ・・・」

 「あ、あ・・・か、ずあ・・き、さん・・・おねが・・い・・・」

 口の周りを愛液と唾液で濡らした和明が顔をあげた。

 「ああ~やっと、呼んでくれましたね。お礼にきちんと逝かせてあげましょう。」
 
 そういうと和明は人差し指と中指を真理子の中に挿しこみ、親指でクリトリスを弄りだした。2本の指は熱い膣壁をこすり、奥からの液体をどんどん掻き出していた。グちゅぎゅちゅくちゃくちゃ・・・その合間に硬く大きくなった陰核を親指が刺激する。

 「あ、あああ!あ、いやぁ!だめ!」

 中を擦られるだび、陰核を押されるたびに子宮が収縮した。奥からなにか熱い塊がせまってくる・・・

 「いや、あん!だめ・・・」

 涙で潤んだ視界に和明の顔が迫ってきた。

 「・・・指で逝ってしまいそうですね・・・淫乱せんせい・・」

 そう囁かれると、いきなり唇を吸われてしまった。唾液と真理子自身の愛液の匂いと・・・少しの煙草の香りが口と鼻を満たした。

 「んんん!!」

 最後の喘ぎ声は和明の唇で塞がれ、真理子は入れられた2本の指を締め付けながら激しく腰を痙攣させたのだった。



 
小説(官能小説) ブログランキングへ

官能小説ランキングに参加しています。よろしくお願いします。


オナネタを書くつもりがまたまた登場人物が動き出しました・・・
長くなりそうな予感がします。
 
 

PageTop

「初めては先生と」5

 トオルは時計を気にしていた。真理子先生を送っていった父親の帰りが遅いからだ。日付が変わりそうな時間になってきている。広げていたテキストを閉じ、シャワーの準備を始めた。明日のテスト対策は完璧だ。そもそも高校3年の大事な時期にあんなことさえなければ第1志望の大学に合格できていたはずなのだ。

 不合格のショックではないが、しばらくは何もする気が起きなかった。予備校にはかろうじて通ったがテストはボロボロ。見かねた父親が家庭教師を連れてきた。それが真理子先生だった。その時はなぜ女なのか疑問に思ったが、それは父の親心だったのか、それとも策略だったのかもしれない。どちらにせよ真理子先生のおかげでトオルは身心ともに穏やかでいられるようになった。無茶な「お願い」を真理子先生が望んで叶えてくれているとは思っていないが、せめて受験まではこの状態でいたいと思っていた。

 着替えを持って1階に行こうとしていた時、玄関のドアが開く音がした。

 (あれ?親父か?車の音は聞こえなかったが・・・)

 そうは思ったが、声をかけてみた。

 「遅かったな。心配してたんだ・・・あっ・・」

 玄関にはトオルの良く知っている女が立っていた。

 「・・・ただいま・・・トオルちゃん・・・」

 「千恵さん・・・」

 千恵はトオルの義理の母だ。「あんなこと」があってから父親と千恵の間がぎくしゃくし、ここ3ヶ月は別居状態になっていた。父親がいない時に千恵と2人きりになるのはヤバイな、とトオルは身構えた。

 「・・・和明さん、いる?」

 歳の割りには若く見えた千恵だったが、疲れているのかこころなしか青ざめていた。
新しい母親ができて手放しで喜べる歳でもなかったトオルだが、それでも美しい母親ができたのは嬉しかった。でも今の千恵は・・・

 「今、俺の家庭教師を駅まで送っていってる。もうすぐ帰ってくると思うけど・・・」

 和明の不在を知ると、千恵は困ったような顔をした。千恵もトオルと2人でいるのは落ち着かないのだろう。
 そのとき、車のエンジン音がしてきた。

 「あ、帰ってきたんじゃないかな。俺、風呂入ってくるから・・・」

 そういうとトオルは千恵を玄関に残し、浴室へ行った。後ろでドアが開く音がして和明と千恵の声が聞こえた。小さな声で何を話しているかはわからない。聞きたくもなかった。

 どうしてこんなことになってしまっているのか、トオルはシャワーを浴びながら考えてみた。あの時の泣きじゃくる千恵と、トオルを見る父の悲しそうな顔を思い出すたびにやはり自分が悪かったのだろうか、と。


 
 
小説(官能小説) ブログランキングへ

官能小説ランキングに参加しています。よろしくお願いします。


 

 

 
 
 

PageTop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。