FC2ブログ

かみやなぎあきらの官能小説もどき

フルタイムで働きながら官能小説家としてデビューも狙っているかみやなぎです。ひとまずの目標は毎日更新です。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

「三姉妹 長女 美登里11」

その時、リビングのドアが開いた。和也だ。

 「おじちゃ~ん、ママは?」

 和也からはソファの背もたれで、乱れた服で横になっている美登里は見えなかったのだ。

 「え?ああ、ママは・・・」

 「どうしたの?和也?」

 服を整えた美登里が起き上がり、和也のもとへ歩いていった。下着とストッキングが床に投げ出されている。

 「・・・おしっこ・・・」

 「そう、じゃあ、一緒に行きましょうね」

 和也の手を引いて、リビングを出る美登里の脚には、辰夫が放った精液が一筋垂れていた。


 

 「で、服借りてきたの?」

 見慣れないスウェットが洗濯機にあったので、案の定、帰宅した佳美に問い詰められた。

 コーヒーを零していたが、車だったしそのまま帰ると言ったのだが、美登里は辰夫のズボンを指差して言った。

 (コーヒーじゃ、ないのも付いてるから・・・)

 フェラしたときの美登里の唾液か、挿入したときの美登里の愛液かがズボンのベルトやファスナー部分を濡らしていたのだ。将彦の着ていない服があるからと貸してくれたのだ。辰夫の服は和也が吐いて汚してしまったということにして、美登里が洗ってくれるそうだ。

 「和也君、調子悪かったのね・・・」

 美登里の家で着替えたことを不審に思われるかと思った辰夫は、和也の心配をする佳美の言葉を聞いてほっとしていた。

 「子供がいてるとお母さんは大変だな、って今日数時間見ているだけでも感じたよ。美登里さんはよくやってるね」

 ふ~ん、と佳美は言っていたが、あまりわかってないだろうな、と辰夫は思った。

 「そんなの聞くと、ますます子供作ることに躊躇しちゃうなあ・・・あ、おねえちゃんからだ」

 佳美の携帯に電話がかかってきた。

 「うん、うん。和也君大丈夫?・・・服は、いつでもいいよ~」

 電話の内容に聞き耳を立てながら、今日の乱れた美登里を思い出した。

 あんなに感度いいのに旦那の将彦さんは道具使うんだなあ・・・もしかして早漏?だから美登里さん、満足していないのか?

 と、夫婦生活を勝手に想像していた。

 でも、もう家に行くにはやめたほうがいいだろう。相手は義理の姉だ。なにかの拍子でばれたら佳美とは別れるだろうし、姉妹の関係も壊すことになりかねない。

 「辰夫君、お姉ちゃんが今日はありがとうって」

 電話を切った佳美が言った。

 そうか、と返事をしようとしたら佳美が続けた。

 「また、お願いしますって」

 ええ?驚いて妻の顔を見た。

 「ほら、私は土日仕事が多いから、そんなときにまた来て欲しいって・・・だいぶ助かったみたいね、お姉ちゃん」


 まあ、将彦さんがいないからね~、私が行ける時は行くけど、駄目な時は辰夫君にまたお願いするかもしれないから、よろしくね、と言いながら佳美は部屋を出て行った。

 お願いしますって・・・

 また、あの身体を抱けるかもしれない・・・と考えると、履き替えたばかりの下着の中で、数時間前に美登里の中に入ったいたモノがムクムクと大きくなり、またシミを作りそうになっていた・・・・
 

 
 
banner2.gif

官能小説ランキングに参加しています。
↑ポチ、よろしくお願いします。↓





長女 美登里編は今回で終わりです。

次回は 次女佳美か、三女かどちらから始めようか悩み中です。



スポンサーサイト
[PR]

[PR]

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

こんにちは♪

美登里編、楽しかったです!
義理の兄弟って、ドキドキしますね。
インモラルな関係が余計に燃える……みたいな。(笑)

次の姉妹編も楽しみにしてまーす。o(^-^)o

ひな | URL | 2013-03-06(Wed)08:33 [編集]


ひなさんへ

読んでいただきありがとうございます。
迷ったのですが、三女から書くことにしました。
三姉妹のセックスの違いを上手く書けたらいいなあと思っています。

これからも楽しんでもらえるようなお話を頑張って書いていきますね。
よろしくお願いします。

神柳明 | URL | 2013-03-09(Sat)22:37 [編集]


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。