FC2ブログ

かみやなぎあきらの官能小説もどき

フルタイムで働きながら官能小説家としてデビューも狙っているかみやなぎです。ひとまずの目標は毎日更新です。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

「三姉妹 三女真美子14」

 「あ・・・い・・や、恥ず・・かし・・・い・・」

 ヌルヌルになった秘部は真美子の言葉とは関係なく、貪欲に辰夫の指を咥えこんでいる。

 ぐちゅ、くちゅ、びちょ、くちゅ・・・

 「ああ・・・まみちゃんの・・・いやらしい汁が一杯でてるよ・・」

 一本だった指が二本になり、中を圧迫する。

 「ああああ!ああ!」

 背中が仰け反り、真美子の手はシーツを握り締めた。

 だめ・・・すごい・・・でも・・・もっと・・・

 その時、暖かいモノが性器に触れた。辰夫の舌が真美子の敏感なところを捉えていたのだ。

 「あ、やだ、お義兄さん・・・やめて・・・・」

 逃げようとする真美子の脚を辰夫は片手で押さえつけた。指はまだ中に入ったまま、あふれ出る愛液を掻き出していた。

 「ああ・・・だめ・・・おかしくなる!」

 突起を舌で舐め上げられると、中が締まってしまう。締まった粘膜の中を二本の指が巧みに掻き分け刺激した。

 「ああ・・・お義兄さん・・・ああ、いっちゃうよ・・・」


 奥からソレがやってくる。間欠的に痙攣する腰の動きにソレが近いことが辰夫にもわかったのだろう。指の動きは激しく、敏感になった突起に唇が吸い付いた。

 「ああ!あ!だめぇ!」

 身体の奥で熱いものが弾けた。ビクン、ビクンと腰や粘膜が震えた。辰夫はその様子をしばらく眺めてから、ゆっくりを指を引き抜いた。

 「指でいっちゃうなんて、敏感なんだね」

 真美子はグッタリと手足を投げ出したまま、辰夫の言葉を聞いていた。でも返事はできなかった。まだ奥が熱を持っていた。

 「まみちゃん?・・・疲れちゃったかい?もう寝る?」

 辰夫の大きな手が真美子の頬を撫でている。それだけでもまた身体がヒクヒクと反応するのだ。

 辰夫の手に自分の手を重ねた。指先は真美子の愛液で濡れていて、女の匂いがした。


 お義兄さんの・・・指・・・こんなに太いんだ・・・

 粘つく指先を自ら口の中にいれた。少し苦く、そして酸っぱい。太くて長い二本の指を真美子は丁寧に舐めた。

 舐めながら、辰夫のペニスをそっと握った。そこは大きく、強く握ると真美子の手の中でヒクヒクと動いた。

 「駄目だよ、まみちゃん、入れたくなるよ」

 辰夫の声がうわずっっている。唇から離れた指先は真美子の胸の突起を摘んだ。

 「んん!」

 逝ったばかりの身体はさらに敏感になっていて、真美子は辰夫の胸に思わず顔を埋め、トランクスの中に手を入れた。

 「あああ・・・」

 今度は辰夫が声を上げた。

 下腹にぴったりと張り付いたペニスは熱く先がヌメヌメとしていた。親指の腹でヌルついた先端を撫でると辰夫の暖かい吐息が真美子の髪に感じられた。

 突然、辰夫の手がズボンにかかり、一緒にトランクスも脱ぎ捨てた。次に手は真美子のセーターを掴み、一気に脱がしていく。スカートもショーツも。真美子はただベッドの上に横たわり、黙って脱がされていた。

 「まみちゃん・・・」

 裸の辰夫が真美子の上に圧し掛かってきた。肌が熱い。

 「ああ・・・お義兄さん・・・」

 自然と脚が開いてしまう。股に辰夫の硬いモノが当たるのがわかった。

 banner2.gif

官能小説ランキングに参加しています。

↑ポチ、よろしくお願いします。↓




↑こちらもよろしくお願いします。



スポンサーサイト
[PR]

[PR]

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。