FC2ブログ

かみやなぎあきらの官能小説もどき

フルタイムで働きながら官能小説家としてデビューも狙っているかみやなぎです。ひとまずの目標は毎日更新です。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

「三姉妹 次女佳美4」

「今日は・・・なんか、ちがうぞ・・・」

 ベッドに顔を埋めたまま、宮田を全部受け入れた佳美は荒い呼吸を続けていた。服をきたままだからか、普段の手順と違うからか、身体の芯から何かが溢れ出しそうで、でもソレを押さえたくて、息があがっていた。

 「すごく、きつい・・・いや、中が動いている・・・・」

 奥まで入れた宮田はそのままの体勢で動こうとしなかった。中の具合を確かめているようだ。 

 「ああ・・・いやぁ・・・そんなこと、言わないでぇ・・・」

 うねりそうになる腰を動かないように抑えているので、お尻が間歇的にビクビクと震える。それがまた宮田の劣情を刺激した。

 「ああ?佳美、尻が震えているぞ・・・動かして欲しいのか?ん?」

 宮田がふざけるようにパシッと臀部を叩く。たいして痛くないのに、少しの刺激を敏感に感じ取ってしまうから、叩かれる度に佳美の中はきゅうっと締まるのだった。

 「あん!ああ!だめ!」

 「うわ、締まる!うう・・・駄目だ・・・」

 腰を大きな手で掴まれたかと思ったら、身体の内部が、ずん、と重くなった。

 「あああ!ああ!宮田さん!」

 歳の割に宮田の動きは激しい。ぎりぎりまで引き抜かれたペニスは勢いよく佳美の中に打ち込まれた。

 「はぁん!あ!」

 肉と肉とがぶつかる音の間に、粘液が溢れてペニスにまとわりつく音もする。後ろから入れられると子宮口にぶつかる度に、肺の空気が押し出される感覚になる。

 「ふぅう、はあ!ああん!あ、駄目ぇ~え」

 半分泣き声になってきた。それでも宮田は激しく腰を動かしてくる。

 「あ、はぁん!ああ・・・・」

 本当に涙が溢れ、閉じることができなくなった唇の隙間から唾液が垂れてきた。

 宮田の乱暴なセックスに悲しくなった訳ではない。いつもとは違うやり方に感じすぎた訳でもない。

 ただ、愛する人と繋がっていることが嬉しかった。何も二人を遮るモノはなく、粘膜で触れ合って、体液が佳美の中で交じり合っている。そのことがたまらなく大事に思えたのだ。

 ああ・・・もっと、もっとあなたを感じさせて・・・

 想えば想うほど、佳美の中は宮田を奥に引き込もうと締め付けた。

 「うう・・・あ、駄目だ。佳美、上向いて」

 宮田はペニスを引き抜き、佳美の身体を仰向けにして再び挿入した。濡れた繋がりからはさっきよりも激しい音がした。

 「ああ!あああん!宮田さん!」

 一気に絶頂に行きつつある佳美はまだシャツを着ている宮田の身体にしがみつき、泣き声をあげた。

 「ああ!だめえ!いっちゃう!いっちゃうよぉ!」

 「俺も・・・今日は、いいのか?」

 うわずった声だが冷静に宮田が聞いてきた。

 「うん、出してぇ!中にぃ・・・あ、あああん!」

 腰が浮き上がり、両脚を宮田の身体に絡めたまま先に達してしまった。

 「あん!あああ!」

 達しても宮田は動きを弱めようとはしない。立て続けに与えられる刺激に、佳美はまた登りつめる。

 「ああ!駄目、ダメ!また、いくぅ!」

 「ああ・・・俺も、いくよ・・・!」

 佳美の耳元で宮田が喘いだ。

 どん、奥に衝撃が走ると、2度目のオーガズムが佳美を襲った。痙攣する粘膜がビクビクと震える宮田のペニスからしぼり取るように精液を求めている。

 熱く湿った宮田の背中を手のひらで感じながら、佳美は逆流する熱い2人の体液を下の口で味わっていた。



banner2.gif

官能小説ランキングに参加しています。

↑ポチ、よろしくお願いします。↓




↑こちらもよろしくお願いします。



スポンサーサイト
[PR]

[PR]

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。