FC2ブログ

かみやなぎあきらの官能小説もどき

フルタイムで働きながら官能小説家としてデビューも狙っているかみやなぎです。ひとまずの目標は毎日更新です。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

「三姉妹 次女佳美11」

「・・・私も簡単に引き受けなかったら良かった。そうしたら辰夫さんとは離婚せずに済んだのかもしれない。・・・ごめんね・・・佳美」

 佳美はだまって首を振った。

 「私こそ・・・あんなこと頼んでごめんなさい。離婚は美登里姉さんのせいじゃない。たぶんいずれ別れていたと思う・・・・」

 美登里はしばらく佳美の俯いた顔を見ていたが、ため息を一つつくと話し始めた。

 「・・・・そうかしら。離婚の理由に辰夫さんの浮気をでっち上げたかったのはわかるけど、相手に私を選んだところで佳美の迷いを感じたわよ。まあ、お金払って他人に頼んだらあとで強請られるかもって考えたのかもしれないけど・・・知らない女を抱いて欲しくなかったのかなって思った」

 どうせ別れる夫、誰と寝ても関係ないはずなのに、佳美は他人の女には頼みたくなかった。自分の不倫をばらさずに、辰夫の不貞を理由に離婚したかったための手段だった。

 何も言わない佳美に美登里は封筒を手に押し付けて言った。

 「じゃ、早く片付けようか?片付いたら佳美の人生再出発パーティーでも開こう。真美子の新しい彼も呼んで。あ、佳美はしばらく禁酒ですよ」

 もちろん、あの泥酔した夜からアルコールは一切摂っていない。

 「わかってるよ。今も禁酒中です」

 廊下に積まれた箱を開けていく。引越しを急いだのでモノの分別をしないまま箱につめてしまった。本や手紙、写真や旅行先のパンフレット。宮田とのものは先に処分したのでもう無いが、辰夫との写真などはそのまま持ってきてしまった。

 「・・・ところでさあ、佳美、辰夫さんはどうしてるの?」

 アルバムに気をとられていた佳美は美登里の突然の問いかけに驚き、アルバムを落としそうになった。

 「佳美~、片付けする時にアルバムなんか見ていたらいつまでたっても終わらないよ。で、辰夫さんは?」

 「え?あ、辰夫くん?」

 
 サインした離婚届けを辰夫に渡した後は、あまり話をしていなかった。引越しも日にちだけ伝え、荷造りも一人でした。

 「あの部屋にしばらくは住むみたい。会社に近くて安いところが見つかったら引っ越すって言っていたけど」

 「・・・そう。結局、離婚の理由は話したの?」

 離婚の理由は・・・話していない。「性格の不一致」というのが表向きの理由になるが、辰夫は佳美から切り出した離婚の理由を一切聞かなかった。

 ただ、「そうか」と言っただけなのだ。

 「もしかしたら・・・知っていたのかしら・・・」

 美登里がぼんやりとした声で呟いた。

 知っていた。宮田との付き合いを?美登里を関係させたことを?

 手に持っていたアルバムを箱に戻してまた封をした。これは落ち着いたら整理しよう。今はまだ見てはいけない思い出なのだ。

 「・・・そうかもね。でも、考えても仕方ないわ。もう離婚したんだし」

 そう、もう私の人生とは関係ない人になったのだ・・・そんなことわかっていたはずなのに。引越ししたからか、アルバムを見てしまったからか、なぜか、「関係ない」と思ったら無性に「寂しさ」を感じた。


banner2.gif

官能小説ランキングに参加しています。

↑ポチ、よろしくお願いします。↓




↑こちらもよろしくお願いします。



スポンサーサイト
[PR]

[PR]

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。