FC2ブログ

かみやなぎあきらの官能小説もどき

フルタイムで働きながら官能小説家としてデビューも狙っているかみやなぎです。ひとまずの目標は毎日更新です。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

「やりたい盛り 19」

 「なんなんですかあ、これ」

 1枚を手に取り、視線を落とした瞬間、陽一の頭の中は真っ白になった。

 店の制服を着ている男女が後背位で繋がっている。背中側から撮られた写真で二人の顔は映っていないが、誰かは見る人が見ればすぐにわかるだろう。

 陽一と相田の痴態だった。

 「……ど、どうしてこれを」

 口が渇いて上手く喋れない。背中に冷たい汗が流れる。

 「お前さあ、夢中になっててドア開いたことも気づかないでやんの。せっかくお前と彼女を会わせてやろうと思って探してたんだよ。いやあ、しかしいいもの見せてくれて。お礼言わなくちゃ。ありがとう」

 写真は数枚あった。どれもドアから陽一たちに気づかれないように撮られたもので、顔は映っていない。しかし、どの写真にも陽一と相田の下半身が写っており、行為が終わった後、体が離れた時も撮られていた。

 「これ、なかなかいいだろ?ほら、股からたらーって垂れてるの。ああ、やべぇ、立ってきた」

 チーフの声はやたらと明るい。それがかえって陽一に恐怖を感じさせていた。

 「……これ、どうして……」

 「お前、さっきからおんなじことしか喋ってないじゃん。ちょっとパニクってんのか?」


 チーフの言っているように陽一の頭は混乱していた。こんな写真をわざわざ本人に見せるのは脅すことの何者でもない。狙いはなんだ?やっぱり祐美か?それとも金か?

 「その写真とデータやるから、お前の女とやらせろよ」

 予想通りのことをチーフは言った。

 「そ、そんなの駄目に決まってるじゃないですか!」

 「へー、そうなの?じゃあ、これ明日にでも店にばら撒こうかなあ。いや、それともお前の女の会社に送ってもいいんだぜ?それとも相田さんのところのほうがいいか?」

 なんてこった。

 今になって陽一は自分のしでかした過ちの大きさに気づいた。相手が独身ならまだ祐美に浮気を責められるだけで済むが、相田は既婚者だ。相田にも迷惑をかけるし、下手をすれば相田の旦那に訴えられかねない。

 写真をつまんでいる指先が震え始めた。

 「いや……それは、困ります……」

 陽一は両膝に手をつき、深々と頭を下げた。

 「すいません!それは困ります!」

 チーフが金といえば金を用意する気でいた。

 「なに?お前、彼女は大事にしたいし、お前自身も無事でいるつもりなの?それは都合よすぎってもんじゃないかい?」

 「すいません!金、金なら用意しますんで」

 「ふざけんなよ!俺が金目的だと思ってんのかよ!」

 ものすごい声が陽一の頭に降り注いだ。

 「すいません!すいません!」

 どうすれば……俺はこの先ずっとチーフに脅されるのか?祐美には……相田さんにも……
 
 両膝に額をつけたまま、まとまらない考えがぐるぐると巡っていた。
 
 「……お前の彼女が駄目なら、こいつ、この女とやらせろ」

 え?

 陽一が顔をあげると、チーフの指は股から白いものを垂らしている女を指していた。

 
banner2.gif

官能小説ランキングに参加しています。

↑ポチ、よろしくお願いします。↓



スポンサーサイト
[PR]

[PR]

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。