FC2ブログ

かみやなぎあきらの官能小説もどき

フルタイムで働きながら官能小説家としてデビューも狙っているかみやなぎです。ひとまずの目標は毎日更新です。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

「初めては先生と」17

白いシーツの上に横たわる彼女を、和明は目に焼き付けるように見つめた。

 黒い髪、切なげに喘ぐ唇。白く血管が見えそうな首筋。

 彼女は和明の瞳をまっすぐ見つめると、そっと両手を汗ばんだ背中にまわした。

 (・・・か・・ずあ・・き・・さん・・・)

 声が聞こえたような気がした。

 滑らかで細い首筋にキスをする。丁寧に。何度も。彼女の肌は汗ばみ、熱をもっていた。
和明の唇が感じる。熱い。

 熱いのは和明の下腹部もそうだった。血液が集まってくるのを感じる。久しぶりの感覚だった。

 彼女をショーツだけにすると、その滑らかな胸や腰を確かめるように手を這わした。その度にヒクヒクと蠢く身体がいとおしくてたまらない。小さなショーツを取り去ると、以前見た茂みが見えた。黒い毛は彼女の愛液を湛えて、女の匂いを発していた。

 「あ、嫌・・・」

 思わず脚を閉じようとするが、和明の舌が彼女の陰核を捕らえるほうが早かった。


 控えめなソレは和明の舌で少しずつに充血し、ようやく唇で挟めるぐらいになった。小鳥のようについばみ、溶けてしまいそうなソフトクリームのように舐めた。

 は、はあ・・あ・・だ・・め・・・

 息も絶え絶えの喘ぎ声が聞こえるが、もう少し舐めていたい。すぐ下の膣口は舌の動きに合わせてピクピクと動いていた。そっと指いれる。穴は指を受け入れ内の粘膜は何かを求めるようにうねる。

 柔らかく、熱い。

 今、彼女の身体で一番熱いところはここなのだろう。

 暖かい液体が溢れてきて、和明の口元を撫でる。小さな叫び声が聞こえたかと思うと、挿入した指がぎゅっと締めつけられた。

 指を抜いてもまだ膣は動いて、奥から出てきた白っぽい愛液がシーツに広がった。

和明はシャツとパンツを脱いで、充分に逞しくなったペニスに彼女の手を導いた。

 ・・・熱い・・・

 ためらいがちにそう呟いた彼女はぎこちなく指を絡ませ、形を確かめるかのように握ったり撫でたりしている。その度に先端から透明な体液が溢れ、ベッドに滴り落ちた。

 ・・・入れてもいい?

 彼女はその問いに答えず、和明の唇に唇を重ねてきた。

 舌が絡まり、唾液が交じり合う。キスをしたまま、和明は間の彼女の上にいき、自分の身体で今、一番硬く熱いモノを、彼女の中で一番熱い部分にゆっくりと沈ませていった。

 彼女は熱い。

 彼女は生きている。

 奥まで進むと、堪えきれなくなった彼女が唇を離し、深いため息をついた。和明の身体にしがみつく。

 体中の血液が一点に集中しだした。深く、早く、腰が動き出す。

 腕の中の彼女にありったけの生命を与えたかった。

 「あ、ああああ、あん、ダメ、いっちゃう!!」

 粘膜が和明のペニスに纏わりつき、搾り出そうとしている。

 ぐぐっと膨れた先端で真理子の子宮口を突く。
 
 「か・・・お・・り!・・・」

 子宮口を擦り上げ、反動で抜いたペニスは真理子の下腹部に白色の体液を巻き散らかした。
 

banner2.gif
官能小説ランキングに参加しています。
↑ポチ、よろしくお願いします。

スポンサーサイト
[PR]

[PR]

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。