FC2ブログ

かみやなぎあきらの官能小説もどき

フルタイムで働きながら官能小説家としてデビューも狙っているかみやなぎです。ひとまずの目標は毎日更新です。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

「陵辱マンション① 皆川雛子の不満」

新しい住まいは、私が18歳まで過ごした街の近くのマンションでした。高校を卒業し、地方の大学に行き、そのままその地で就職しました。夫とは職場結婚です。25歳で結婚し、しばらくはそのまま私も働いていましたが、夫の転勤でこの土地に帰ってきました。この引越しを機会にそろそろ子供が欲しくなり、私は仕事をやめ専業主婦になりました。

 夫は「雛子の地元なんだから、昔の友達に会って、遊んでおいでよ」といってくれますが、私の中学高校と女子高だったため、女性の友人しかおらず、また女性は私がそうであったように、夫の仕事関係で地元を離れることが多いので、近くにいる友人はいませんでした。

 でも、一人の時間は好きでしたし、朝、夫を送り出し、日中は家事をして、夜は夫の好きな食事を作り、帰りを待つ、という生活を楽しんでいました。仕事をやめた理由の子供については、夫の環境が変わったせいか、なかなか子供ができる行為自体ができなくなり、その点については私は一人悶々と悩んでいました。

 こちらに引っ越してから半年ほどたったある日、空室だったお隣に越してきたご夫婦がいました。

 「初めまして、隣に引っ越してきた前田といいます」

 挨拶にきたのは女性だけでした。ショートカットの可愛らしい感じの方です。私よりも年下かな?と感じました。前田さんの話によると、結婚して3ヶ月の新婚さんだそうです。
ご主人は仕事が忙しく、引越しも奥さん一人ですましたようでした。

 「共働きなので日中留守のことが多いんですが、よろしくお願いします」

 と挨拶をして前田さんは帰っていきました。


 夜、帰ってきた夫の圭祐さんに伝えると、

 「へえ~、新婚さんか~、夜の声、聞こえるかな?」とエッチなことを言っていました。人の喘ぎ声を聞くのなら、私を喘がしてほしいと思ってしまいました。そんなことを言っていても圭祐さんは疲れているのか、ベッドに入るとすぐに寝息をたててしまいます。

 私が30歳だからそろそろ子供を・・・って話し合ったのにその行為すらしない夫に少し不満がありました。今日は排卵日の近くなのに・・・したかったな・・・

 いえ、子供が欲しい以前に私の身体がもっと快楽を求めるようになっていたのも事実でした。

 もっと激しく求めてもらいたいのです。若い頃に付き合っていた男性はまさに雄のように私を求め、いやらしいことも要求する人でした。まだ身体が慣れていない私はその要求が苦痛で別れたのですが、今はそんな刺激を欲しているのです。なかなか上手くいかないものです。でも、だからといって簡単に夫以外に関係を持つなんてことは考えられず、いつも一人で慰めていました。
 慰めるのはいつも指。ネットでおもちゃを見るたびに買いたい、買って圭祐さんのモノだと思ってこの劣情をなだめたい・・・と思いますが、恥ずかしくて買えませんでした。
おもちゃで慰められるのいうことも悲しいと思ったからです。なので一人のときは指でクリトリスを撫でるだけでした。クリ逝きというのでしょうか?挿入なしで身体の火照りを押さえてましたが、やはり物足りませんでした。


banner2.gif
官能小説ランキングに参加しています。
↑ポチ、よろしくお願いします。↓


やっぱり人妻モノで今回も書いてみます。
可愛い人妻がすきなんですよ♪
雛子ちゃんをどうやっていじめて、感じさせようか、
考えると楽しいですね。

今回もよろしくお願いします。 
スポンサーサイト
[PR]

[PR]

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

トラックバック

トラックバック URL
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

まとめ【「陵辱マンション? 】

新しい住まいは、私が18歳まで過ごした街の近くのマンションでした。高校を卒業し、地方の大学に行き、

まっとめBLOG速報 2012-11-25 (Sun) 16:18


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。